1.患者への医療に直接関係する利用目的

    1) 院内での利用
    • 患者等に提供する医療サービス
    • 医療保険事務
    • 患者に係る管理運営業務のうち、
      • 入退院等の病棟管理
      • 会計・経理
      • 医療事故等の内部的報告
      • 当該患者の医療サービスの向上
    2) 院外への情報提供
    • 患者等に提供する医療サービスのうち、
      • 他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
      • 他の医療機関等からの照会への回答
      • 患者の診療等にあたり、外部の医師等の意見・助言を求める場合
      • 検体検査業務の委託その他の業務委託
      • 家族等への病状説明
    • 医療保険事務のうち、
      • 保険事務の委託
      • 審査支払機関へのレセプトの提出
      • 審査支払機関または保険者からの照会への回答
    • 企業等からの委託を受けて健康診断等をおこなった場合における企業等への診断結果の通知
    • 医師賠償責任保険などに係る医療に関する専門の団体、保険会社等への相談または届出等

2.その他

  • 医療機関等の管理運営業務のうち、
    • 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
    • 当院内においておこなわれる医療実習への協力
    • 医療の質向上を目的として当院内でおこなわれる症例研究
    • 外部監査機関への情報提供

厚生労働省「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」より抜粋