消化器内科について

消化器内科とは口から肛門までの食べ物が通る管、食道、胃、小腸、大腸と肝臓、すい臓、胆のうなど実質臓器の病気を扱う科です。
症状としては、嘔気、嘔吐、下痢、胸焼け、腹痛、血便、などの症状を扱っています。

また健診で便潜血陽性、脂肪肝、肝機能障害、ヘリコバクターピロリがいると言われた、胃や大腸にポリープがあると言われたなどの異常も扱っています。

上記のような症状に対して最先端の医療機器を(CTスキャン、MRI、腹部超音波、上下部内視鏡など)駆使して診断治療いたします。
病診連携を重視し、更なる高度な検査や治療が必要な時は適切な大学病院やがんセンターなどを紹介します。

消化器内科では胃・十二指腸潰瘍、食道・胃・大腸などの癌やポリープ、過敏性腸症候群、膵炎、胆嚢ポリープ、B型肝炎、C型肝炎、脂肪肝、その他の肝炎などの疾患を対象にしています。

主な取扱病名

外来診療予定表


        松尾瑶子 

  山脇將貴    

担当医紹介

山脇 將貴

主な専門領域

消化器内科


所属学会・資格

日本消化器病学会
日本内科学会
日本消化器内視鏡学会


出身校

昭和大学

松尾 瑶子

主な専門領域

消化器内科


所属学会・資格

日本消化器病学会
日本内科学会
日本消化器内視鏡学会


出身校

昭和大学